2013年11月27日

サンタさん

クリスマスの雰囲気が街中に出てきましたね〜。

センター北のイルミネーションも、素敵に輝いていました。
写真.JPG
これを見に、ベビーマッサージに来てくださいね〜(笑)

※注)夜のレッスンはありません(笑)

そろそろ、うちもツリーを飾らないと!


3人の娘たちに、サンタさんに手紙を書かせたのですが、

長女がすぐ出してこようよ!と。

なぬ!(ー_ー)!!

やばい、これはやばいぞ〜。

「かーちゃんがだしとくよ。」

と言っても、「やだ〜一緒に出したい」

まじか!(ー□ー;)!!

疑っているわけではなかろうな・・・。

「じゅ、住所も調べないとだし・・・」

「え〜!!早く調べてよ〜!!」

恐るべし6歳児。

ふう〜なんとかその場は切りのけたが・・・

さいごに、

「特別なポストにも入れないとだ・・しね・・」

自信なさげに、ボソッと言った一言。

「え?何〜?!」

聞こえなくてよかった。

どこにあんの?とか、どんなポストなの?

とか聞かれたらまた、大変だったわ〜

誰か上手く切り抜ける言葉教えてくださーい!

サンタは大変だ〜(@_@)


知人のお子様(男の子)の素敵なお話をご紹介。


小学校6年生の冬。

「ママ封筒と便箋ある?」

と、ママから封筒と便箋をもらって、

サンタさんにお手紙を書いたそうです。

『毎年、クリスマスに素敵なおもちゃをありがとうございました。

僕は少年A→少年Bになります。(中学生になるということでしょう)

来年から、もうプレゼントはいりません。

今まで本当にたくさんのプレゼントをありがとうございました。』

とお手紙を書いて、

「サンタさんに出しといて」

とママに手紙を渡したそうです。

小学校6年生まで純粋にサンタさんを信じていて、

こういうお手紙をかけるなんて、

ほんと素敵ですよね〜ぴかぴか(新しい)

自分の子も、こんな子供に育ってほしいです。

どこかで、真実をしってしまわないことを願います。

ほんと、いいお話をありがとうございました。

posted by 近藤 at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・教室風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81471367

この記事へのトラックバック