2020年06月03日

楽しい食卓を

おはようございます!

昨日は長女に足を踏んでもらって、
寝てしまった睡眠障害の近藤です。
ほんと、昼寝もしたのに、
なぜすぐ寝てしまうのか?
誰か教えてください・・。

この子が来てから
ソファーで寝る事はなくなりましたが
0C0EDA2E-9D7F-455B-8D93-87765884FD1A.jpeg
私のかつての姿と同じじゃん?


さて、そんなことはどーでもよく、
アンケートの回答連載で紹介しましたが、
いかがでしたか?

子供の好き嫌いは、
必ず出てきます。
今は混ぜ込んでも良いので、
工夫して食べさせてあげましょう。

目で見て食べる時期でもあるので、
可愛く色良く盛り付けたり、
器を変えるだけでも食べてくれたりします。
我が家は昔、
よくハンバーガーショップごっこや
バイキングごっこやりました。
ごっこ食べは、
ほんといつも食べないものも食べてくれます。

野菜は形を見せることも大事。
混ぜ込んでばかりだと、目で見ないので、
形あるものも必ず出しましょうね。
食べなくてもいいんです。
とにかく見せることです。
食わず嫌いは、食卓にのぼらないことが
原因の一つ。

そして、一口でいいから食べてみて。
美味しいかもよ!
など、全部食べさせることはせず、
「一口でいいから」
とハードルを下げることで、
子供は食べてみようかな?
という気持ちになります。

我が家はこの作戦が良かったようで、
とにかく一口は食べ、
食べてみると、あれ?美味しかった!
全部食べる〜
ということが、よくありました。
もちろん一口で止めるものもありましたけどね。
子供はまず見た目で食べないことが
多いんですね。

全部食べなさい!
という食卓は子供にとって
食べることが苦痛になってしまいます。
一番大事なのは食べる事は楽しい!(*´∀`)
と子供に思わせる事です。
この頃の記憶は一生残ります。

皆さんも今でも嫌いなものは、
昔の記憶が残ってませんか?
私は人参(笑)
今はもちろん食べられますが、
今でもそんなに好んで食べません。
かつての保育園の給食にて、
ごろっとした人参が出て、
食べるまで遊ばせてもらえず、
おえ〜!おえっ!
となって食べた記憶がまだ残ってます。

アスリートで
食べることが嫌いで・・
という人がいました。
その人もお母さんに、
食べなさい!食べなさい!
といつも完食させられ
食べることが苦痛になったそうです。

今は、好き嫌いが多い時期だと
ママたちもわかってあげてくださいね。
今は
「一口でいいから、
ママせっかく作ったから
食べてみてね〜(*´∀`)」
くらいの声かけにしてあげましょう。


さて、昨日のブログで話してた
ブロッコリースプラウトの話。

最近流行りの、野菜の新芽。
本当に少量の中に
ギュッと栄養が詰まってます。
生がとても効果発揮しますので、
サラダに入れたりハムに巻いたり
サンドウィッチに挟んだりが良いのですが、
それでも食べられない子は
汁物や卵焼きなどなど、
混ぜ込んであげて欲しいほどの栄養です。

難しい事は置いておいて、
解毒作用と抗酸化作用があります。
花粉症の症状を抑制する働きもあるという
研究結果も出てます。

我が家は毎日ブロッコリースプラウト。
ブロッコリーを一口食べるのと、
ハム一枚にスプラウトちょこっと巻いて食べるのと
同じくらいのビタミンCです。

スーパースプラウトの方がおすすめですが、
苦味があるので、ママたちはそちら。
子供たちは普通のスプラウトを食べて
肝臓の働きを高めましょうね!

では、今日もたくさん食べて
元気にいってらっしゃーい!♪

新中学生
A77A42A0-2B0D-4ABC-85E0-E1D21282025F.jpeg
ママ友が上から盗撮!(笑)
制服せっかく可愛いのに、
なぜか中学生はジャージ登校。

制服は初日だけ・・
EDC47233-FB6E-40EB-8379-0FD70A1D7257.jpeg

posted by 近藤 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・教室風景