2015年07月10日

魔法の言葉

おはようございます!
外は暗いですけど何か?
今からコインランドリーです。
出たー(笑)
どーーーーんとからっと乾かしてきます。
大好き黒ハート明け方のコインランドリー。
どなたか一緒におしゃべりしません?

そんな我が家のことはどうでもよく、
本日のお写真のご紹介。
タイトルの「魔法の言葉」はその後に!

今日は11期生のAちゃん家族。
現在サインをがんばっているところ。
7期生にアドバイスやエピソードいっぱいいただきました!

うれしそうなパパ揺れるハート

                    とうちゃんお腹出てますけど〜
3D7A4242s-.jpg


あははは〜楽しいね〜揺れるハート
3D7A4323s-.jpg
だぁからぁ〜おなか出てるってば〜

もうおとうちゃんってば、しょうがないんだから〜
3D7A4404s-.jpg
      大きくなってもこんな笑顔で言われそう黒ハート
そんな笑顔で娘に言われたら、パパの顔もでれ〜ってなっちゃいますねハートたち(複数ハート)


続きましては、7期生。
「サインやってよかったですぅ〜」とママ。
とてもとてもうれしかったですグッド(上向き矢印)るんるん

現在魔の二歳。エクセサイズはえらいこっちゃでこんなかんじ(笑)
3D7A4253s-.jpg
                        おろせ〜!!ちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)

これもいい思い出です!!

うける〜! 足出てるし!(笑)
3D7A4376s-.jpg
パパの表情もナイス!

降りたらご機嫌黒ハート          さあ、パパやるのだ!
3D7A4286s-.jpg
          きつい〜あせあせ(飛び散る汗)許して〜たらーっ(汗)

パパお疲れちゃ〜ん揺れるハート

でもやっぱりかわいい2歳ハートたち(複数ハート)とってもいい笑顔〜
3D7A4861s-.jpg
この笑顔でパパもママもがんばれるんだよ〜ぴかぴか(新しい)
あ、また涙が・・・

素敵な家族写真ですね〜わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
また、次回ブログでもご紹介しまーす。
次はどなたかな〜お楽しみに!


さて、タイトルの魔法の言葉。
何かと言うと・・・

お食事タイムの魔法の言葉。
赤ちゃんから幼児まで、
食べないということはよくあること。
せっかく作ったのに、どうして食べてくれないの?
とママはイライラしちゃう。
好き嫌いすると栄養も足りないのでは?
なので、ついつい
「食べなさい!」
「お野菜食べないとだめよ!!」

という言葉を発しちゃいがち。
でも、無理強いすると反って食べたくなったり、
食事が苦痛になっちゃいますよ!
わかっているけど、つい・・・

そんなときはこの言葉を。
「美味しいよ〜それ。一口だけ食べてみて
いやだったら、残していいから。」
へ?それ?たったそれだけ?
って思った人!
本当にこの言葉はとっても効果があります。

ずっと赤ちゃんのときから使い言い続けている言葉。
まず美味しいよ〜と大げさに一言いってから、
「一口だけたべてみ、ちょっとでいいから。
絶対美味しい!!揺れるハートグッド(上向き矢印)って言うよ〜!!
でも、それでいやだったら、残していいからね
あ〜それほんと美味しいのにな〜」

そういうと、娘たちは必ず
「じゃあ、一口食べてみる」
といって、恐る恐る食べます(笑)
そして、もぐもぐもぐ・・・
どうよ?
「ほんとだ美味しい!これ美味しかった!」
と。
「でしょー!」

いつもこんな感じでクリアでするんるん
お代わりまですることもよくあります。

子供は初めて目にするものは躊躇します。
嫌いと思い込んじゃいます。
なので、ママの優しい一言が必要なのです。

ポイントは
ママが「美味しいよ〜」
とまず言うこと。
そして「残していいよ〜」
と声かけすることで、
子供たちは
「残していいんだ〜」
「じゃ、食べてみようかな」
と、安心するので、とっても効果があります。
食べないといけない、残しちゃいけない・・・
という気持ちをなくすことが大事。
食事は声かけがとっても大切です。

保育園で赤ちゃんを見ていても、
噛まない赤ちゃんが
「噛み噛みしてね〜!かみかみかみ!」
と私が大げさに楽しそうに噛み噛みの口をすると
あ〜ら不思議!
急に真似して口を動かすんです!!
面白いですね〜

是非やってみてくださいね!
食事は楽しいのが一番!
食卓が苦痛にならないように
ママが心がけましょうね!!
一緒に食べるのも大事ですよ〜

以上、魔法の言葉でした!!

なんだこんなことか〜と思ったあなた!
今日から取り入れてみて!!
だめでも続けてみてください。
いつか
「食べてみようっかな〜」
が口癖になりますから(笑)


posted by 近藤 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・教室風景