2013年10月03日

手話

先日、動物園に行ってきましたが、

同じペースで周っていたご家族がいました。

休憩するところでも一緒になり、

とてもおしゃれなので、よく覚えてました。

お子ちゃまは2歳〜3歳ぐらいでしょうか。

何か気にいらないのかワンワン泣いています。

泣きながらも、私をちらちら見るので、

にっこりすると、また泣くのでおもしろいな〜と思って見ていました。

とってもオシャレな家族だな〜とみていると、

パパとママが、手話で子供に動物を教えています。

ろう者の方だったんですね。

手話は視覚言語なので、子供がパパとママを見るまで

ずっと肩をたたいています。

すごいときは10回ぐらいトントンとしていました。

そして、アイコンタクト→手話。

それの繰り返しで、見ていてもとても上手にコミュニケーションを

とっているなと感心せずにはいられませんでした。

おこちゃまは女の子。

これから、パパとママのお手伝いをいっぱいするんだろうなー。

私も、子供たちにもっとアイコンタクト!!

あ、主人にも・・・(笑)


posted by 近藤 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・教室風景